イベント

国際シンポジウム A Decade after "Discovery and Development of GFP": Expansion and Expectation 2019年3月18日(月)~19日(火)

Symposium 2019.03.18
第5回名古屋大学神経回路国際シンポジウム
A Decade after "Discovery and Development of GFP": Expansion and Expectation


第5回名古屋大学神経回路国際シンポジウム


日程:2019年3月18日(月)- 19日(火)
会場:名古屋大学 東山キャンパス 坂田平田ホール
使用言語:英語
参加費:無料(事前登録は要りません。)
※3月18日 18:30~懇親会を開催いたします。

招待講演者:
Martin Chalfie(コロンビア大学・教授)
Robert Waterston(ワシントン大学・教授)
濡木 理(東京大学 大学院理学系研究科 生物科学専攻・教授)
Yishi Jin(カリフォルニア大学サンディエゴ校・教授)
上川内 あづさ(名古屋大学理学研究科・教授)
Benjamin Scholl(マックス・プランク研究所)
津田 佐知子(埼玉大学・助教)
山方 恒宏(東北大学 大学院 生命科学研究科・准教授)
Dhananjay Bambah-Mukku(ハーバード大学・研究員)

特別講演のお知らせ(Carlos Ibanez教授)2019年1月28日(月)~29日(火)

Seminar 2019.01.29
本セミナーは盛況のうちに終了いたしました。

スウェーデンのカロリンスカ研究所及びシンガポール国立大学のCarlos Ibanez教授が名古屋大学を訪問され特別セミナーを行います。

1/28(月)は医学部にて、アルツハイマー病におけるp75 Neurotrophin 受容体の役割について、
1/29(火)は東山キャンパスにて、ノーベル賞選考委員としてノーベル医学生理学賞ついてご講演いただきます。

皆様奮ってご参加ください。

**************************************************

1月28日(月)

場所:名古屋大学(鶴舞キャンパス) 医学部第1講義室
時間:17時00分~18時30分
講師:Carlos Ibanez 教授(Member of Nobel Assembly at the Karolinska Institute / Department of Cell and Molecular Biology, Karolinska Institute / Life Science Institute, National University of Singapole)
演題:Genetic dissection of p75 neurotrophin receptor signaling in mouse models of Alzheimer’s Disease
使用言語:英語


1月29日(火)

場所:名古屋大学(東山キャンパス) 理学南館 坂田・平田ホール
日時:16時30分~18時00分
講師:Carlos Ibanez 教授(Member of Nobel Assembly at the Karolinska Institute / Department of Cell and Molecular Biology, Karolinska Institute / Life Science Institute, National University of Singapole)
演題:The Nobel Prize in Physiology and Medicine - History and Mystique
使用言語:英語

**************************************************


Seminar Dr. Carlos Ibanez


お問合せ先:
髙橋 雅英 mtakaha@med.nagoya-u.ac.jp
小橋 常彦 kohashi-t@bio.nagoya-u.ac.jp

アーカイブ