センターについて

センター長からのメッセージ

ニューロサイエンス研究センター センター長 森 郁恵

平成29年度から、名古屋大学大学院理学研究科附属ニューロサイエンス研究センターが創設いたしました。本研究センターでは、名古屋大学の特徴である「小型動物をモデルとした世界水準の神経科学研究」をより一層発展させ、厳格な基礎研究に基づいた神経科学の最重要課題に取り組みます。

人間は、柔軟に考え臨機応変に行動することで、日々変わりゆく環境世界を生き抜いていきます。また、芸術家は作品を創作し、作曲家は音楽を創造し、作家は小説を書き、科学者は独創的な研究をします。このような、現状打破していく原動力も、クリエイティブでオリジナリティの高い創作活動も、日々を滞りなく淡々と過ごしていく人間の強さも、脳のいとなみによって作り出されています。では、脳の柔軟性や可塑性は、どのように実現されているのでしょうか?

本研究センターでは、小規模動物の脳の動作原理を研究することで、この人類最大の謎にチャレンジします。今後、本研究センターが国際的なハブとなり、第一線で活躍する国内外の神経科学研究者との活発な交流を通し、脳科学における革新的概念を創出することを目指します。本研究センターをさらに展開させることで、コミュニケーションの成り立ち、起業家精神、経済や政治の動向、芸術の意義など、あらゆる人間活動の生物学的基盤を理解したいと考えています。

また、本センターは、脳機能が破綻することで生じると考えられる、精神・神経疾患の発症機構や、健康維持や老化の仕組み解明にも、取り組みます。本センターの創設と同時に、雪印メグミルク社による産学協同研究講座「栄養神経科学講座」が開講いたしました。この講座では、線虫とショウジョウバエを用いた厳格な研究を行うことで、人間の脳と健康の関係について、深く探究していく所存です。

今後とも、どうぞ、よろしくお願い申し上げます。
森 郁恵 ニューロサイエンス研究センター センター長
     生命理学専攻 教授

センター概要

本センターは、小型動物の小規模神経系の特徴を活かした、「高時間分解能かつ高空間解像度の厳密な神経回路機能研究」に焦点をあて、動物行動をサブ・細胞レベルの神経機能から緻密に組み上げてゆくことを目指している、世界的にも類を見ない神経科学研究施設です。本センターで用いる線虫・ショウジョウバエ・小型魚類といったモデル動物では、いずれも遺伝学、分子生物学、イメージング、オプトジェネティクスなどの研究手法が揃っています。これらの実験神経科学研究と並行して、大規模画像データ解析と、生命現象の数理モデル化による理論研究を進めることで、私たちの脳が発揮する、柔軟な神経情報処理能力の本質的理解へと繋げてゆきます。

構成メンバー

脳神経回路研究ユニット部門

1)分子神経生物グループ
教授 森 郁恵(センター長)
助教 塚田 祐基
助教 中野 俊詩
2)脳回路構造学グループ
教授 上川内 あづさ(兼任)
講師 石川 由希(兼任)
3)行動遺伝学グループ
特任准教授 YOU Young-Jai

産学協同研究部門

栄養神経科学講座
特任講師 石元 広志
特任助教 野間 健太郎
研究員 日暮 聡志
研究員 村上 弘樹

運営部門

特任講師 小橋 常彦
事務補佐員 浅野目 七重

連携機関一覧

  • 大学共同利用機関法人 自然科学研究機構 生理学研究所
  • 豊橋技術科学大学
  • 東京大学
  • 京都大学
  • 東北大学
  • 九州大学
  • ハーバード大学医学大学院(アメリカ合衆国)
  • ハワード・ヒューズ医学研究所 ジャネリア・ファーム・リサーチ・キャンパス(アメリカ合衆国)
  • 仁荷大学校(Inha University・韓国)
  • フライブルグ大学(ドイツ)
  • 国立台湾大学