研究グループ

脳機能発達制御学グループ(脳神経回路研究ユニット部門)

私たちの脳は精巧かつ秩序立ったプロセスを経て発達します(図1)。 これらの緻密で複雑なプロセスにより機能的な神経回路が形成され私、たちの普段の生活に必要な認知・学習・社会性行動等といった高度な脳機能・情報処理が可能となります。

これまでの研究により脳の発達は主に遺伝子発現プログラムによって制御されることがわかってきています。 この遺伝子発現プログラムの変容により脳の発達プロセスに異常をきたすと、最終的に脳機能が破綻し発達障害や精神疾患などの疾患を引き起こします。

しかしながら、脳の発達や機能を司る遺伝子発現プログラムはまだまだわかっていないことが多く存在します。

私たちの研究グループは、脳の発達や機能を制御する遺伝子発現プログラムを研究し、その仕組みを明らかにすることにより、脳の発達や機能の基盤となるメカニズムの解明や、発達障害・精神疾患などの疾患病態の解明、それらの知見に基づいた有効治療法の開発に取り組んでいます。




Section of Nagoya Research Center for Brain & Neural Circuits

現在、日本医療研究開発機構(AMED)等の複数の研究・開発プロジェクトを推進しています。

研究・開発にご興味のある方は、研究開発代表者・辻村まで、ご連絡ください。




部門名 脳神経回路研究ユニット部門
グループ名 脳機能発達制御学グループ
代表者名 辻村 啓太
連絡先
外部リンク
  1. 名古屋大学高等研究院・発達障害革新研究開発ユニット

研究グループ

脳神経回路研究ユニット部門
産学協同研究部門